MENU
音楽関係のニュースを運営するメディア「Centralrecords」です。皆様の芸能における疑問の謎が解決します!

【安室奈美恵の現在収入?】資産総額は?貯金?全盛期や引退後の年収?長者番付いくら?

安室奈美恵の現在・引退後の収入は?資産総額?貯金?全盛期年収?長者番付いくら稼いだ?
  • URLをコピーしました!

安室 奈美恵(あむろ なみえ、)は、日本の元歌手、元ダンサーです。

安室奈美恵は引退後したので一般人です。

推測となりますが安室 奈美恵の今後の収入源はどうなのか、ファンではあれば気になるところではありますよね。

レポーター

ここは安室 奈美恵の今まで引退前の活躍を前提のもと資産や収入・年収についてお伝えします。

その他、別のビジネスをしている可能性もありますがそれは分かりません。

今回の記事は【安室奈美恵の現在収入?】資産総額は?貯金?全盛期や引退後の年収?長者番付いくら?についてお伝えします。

安室奈美恵のプロフィール

項目内容
本名安室奈美恵
生年月日1977年9月20日
出身地沖縄県那覇市
身長158cm
血液型O型
職業歌手、ダンサー
デビュー年1992年
所属事務所エイベックス・マネジメント
備考2018年9月16日に芸能界を引退
目次

安室奈美恵の現在の収入は?引退後は貯金?印税は?

安室奈美恵の現在の収入は?引退後は貯金?印税は?
安室奈美恵の現在の資産!貯金!収入・年収は?2022年

現在の収入・年収は?

まず前提に安室奈美恵さんの引退後の年収については、具体的には明らかにされていません。

歌手時代の印税が大きな割合を占めていると言われています。

レポーター

印税でも安室奈美恵さんはシンガーソングライターではありませんから、楽曲の使用印税はおそらくほとんど入らないでしょう。もちろん、歌唱印税もありません。

シンガーソングライターは作詞・作曲それぞれに著作印税、それにプラス歌唱印税が受け取れます。安室さんは歌うだけなので歌唱印税だけですね。

ただ、安室奈美恵さんの名曲はカラオケでも世代を超えて歌い継がれており、音楽使用料の一部が入ってくるはずですから、やはり引退後も左うちわであることは間違いなさそうです

2020年以降になっても、アルバムの売上やコンサートDVDの売上の印税などが入ってくることになるでしょう。

今の総資産は?

当分何もしなくても不自由なく暮らせるのは間違いないです。

安室奈美恵さんの総資産額は30億円あるともいわれています

レポーター

33億円って一流企業の社長でも稼げないんでしょうね。

40代にして引退してのんびり過ごそうとかんがえても不思議ではありません。

 また安室奈美恵さんはプライベートでも仕事でも多くのストレスを抱えていましたでしょうしね。今までかんばりすぎましたね。。。才能はうらやましいですが

引退後の第二の人生は自由に楽しく過ごしていて欲しいですね。

全盛期の売り上げは650億円?

全盛期の売り上げは650億円?

アルバムの総売上はおおよそ480億円、シングルの総売上だけでも170億円といわれています。

レポーター

アルバムの総売り上げ枚数は、およそ1600万枚、シングルCDはその数字を上回るおよそ1700万枚です。

これらを単純にアルバムの単価を3,000円、シングルの単価1,000円で計算すると、アルバムの総売り上げはおよそ480億円、シングルの総売り上げだけでもおよそ170億円になります。

これらの合計金額は、なんと650億円以上にもなります。

印税は?

アーティストに入る印税は、作詞作曲などをしていない場合、1パーセント程度が一般的です。

以上のことから、安室奈美恵さんは、彼女の音楽活動によって多額の収入を得ています。

彼女は、日本の音楽業界を代表するアーティストの一人であり、その音楽性や魅力によって多くのファンを魅了し続けています。

レポーター

こ安室奈美恵さんは引退後の印税としてはトータルで合計金額は650億円ですがアーティストに入る印税は1パーセント程度の場合が多くなります。6.5億円程度の収入はあるものと考えられます。

動画配信やカラオケの歌唱印税、CD印税などで年収1億円とも言われています。


ただ、安室奈美恵は今お金は沢山あると思いますが引退前にはお金を他の芸能人よりも多く稼ぎましたが、お母さんの事件があったりとして、人生はお金だけではないと思っているかもしれませんね。

安室奈美恵の全盛期の収入?現在で収入はいくら稼いだ?長者番付?

安室奈美恵の全盛期の収入?現在で収入はいくら稼いだ?長者番付?

引退前の全盛期の収入・年収は?

まずは現在収入がないとしてもいくら稼いだのか気になるので調べてみました。

レポーター

気になる年収の総額は推定10億円ほど。

具体的には2014年に固定月収800万と報道されていてcm1本9000万円から一億円とのことで情報がでています。

2018年に入ってもラストツアーライブやグッズ売り上げで年収6億の噂もあります。

引退までの一年間で儲けが200億円ともありました。

ツアーチケットは一枚9800円、海外公演は3万円もします。中国台湾香港含めて23都市公演、80万人以上動員しているので計算してみると・・・。これだけで90億も売り上げていることになります・・。

アルバムfinallyは230万枚を売り上げ、84億円にもなります。

今まで5億〜6億円の年収があったとされていて

さらに最後の2018年にスパートともいうべきスピードで稼ぎまくった額だけで70億と試算されています。

安室奈美恵さんは2015年には長年在籍した芸能事務所との専属契約が終わり、マネジメント業務がエイベックス内のレーベルであるディメンションポイントや個人事務所に移っています。


個人事務所に移ることで、さらに高い年収を獲得しているのかもしれません。

安室奈美恵さんは日本でもトップクラスの歌手でした。

一つのイベントをするだけでも関わる会社やスタッフの数も大規模だったでしょう。


売上げに対して利益がどの程度出ているのかは気になるところですが、CDを出せばヒットし、ライブ活動も好調であったことを考慮すれば、利益は問題なく確保できていたましたね。

その一方で現役時代から、慈善事業に取り組んでいてさまざまな義援金を寄付していた安室奈美恵さん。

稼いだ額も凄いですが、義援金を寄付するなんて社会貢献もしているとは・・・。

ここまでが稼いだ額のおおよそです。

全盛期の売り上げは650億円?

全盛期の売り上げは650億円?

アルバムの総売上はおおよそ480億円、シングルの総売上だけでも170億円といわれています。

レポーター

アルバムの総売り上げ枚数は、およそ1600万枚、シングルCDはその数字を上回るおよそ1700万枚です。

これらを単純にアルバムの単価を3,000円、シングルの単価1,000円で計算すると、アルバムの総売り上げはおよそ480億円、シングルの総売り上げだけでもおよそ170億円になります。

これらの合計金額は、なんと650億円以上にもなります

全盛期の収入は?

レポーター

安室奈美恵さんは90年代後半から2000年代前半にかけて、歌手・女優・モデルなど幅広く活躍し、その全盛期の収入は非常に高額であったとされています。

当時は、安室奈美恵の楽曲やパフォーマンスが多くの人々に愛され、アルバムやシングルの売り上げが非常に高かったことが知られています。

安室奈美恵のお金持ち度が気になる人も多いでしょう。

彼女は歌手であると同時に、モデルや女優としても活躍していました。

また、ライブでの出演料やCM出演、写真集の発売でも多くの収入を得ていました。その他にも、グッズの売り上げやCDの印税などもあるため、推定年収よりももっと多く稼いでいたと考えられます。

彼女は長年所属していた芸能事務所から独立し、個人事務所に移籍しました。

その際に、より高い年収を得ることができたのではないかと言われています。

また、彼女は日本のトップクラスの歌手であるため、ライブやイベントを行う際には多くの人が関わり、大きなお金が動いていたことが予想されます。

しかし、売上高に対して利益がどの程度出ているかは、明らかにされていません。

ただ、CDを出せばヒットして、ライブ活動も好調だったことから、利益は問題なく確保できていたと考えられます。

安室奈美恵さんは、多くの人々に愛され、日本の音楽シーンに多大な貢献をしました。

彼女のお金持ち度は、多くの人が気になるところですが、彼女の才能や人気を考えると、推定年収が6億円と言われているのは現実的な数字であると言えます。

長者番つけは?

長者番付が発表されていた2000年代前半は、推定年収7200万だったといわれています。

月給600万だったことだったようです。サラリーマンの年収を安室奈美恵は月収で稼いでしまっていたんですね。。

  2015年に安室奈美恵が事務所から独立した歳に、「コンサートグッズの収益は事務所と安室で折半していた」などいわれていました。

2015~2018年の独立から引退までだけで、10億はもらっていたといわれています。

まとめ:【安室奈美恵の現在収入】年収?印税?資産総額?いくら稼いだ?全盛期?貯金?

いかがでしょうか。

今回の記事では【安室奈美恵の現在収入?】資産総額は?貯金?全盛期や引退後の年収?長者番付いく?についておつたえしました。

作詞作曲をしてなかったとはいえ、印税が6.5億円って普通のプロ野球選手の一流レベルですよね。すごすぎ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
音楽をを追求しつづけるメディアです。東京都内に住んでいます。柴田義彦といいます。
子供の頃から芸能・音楽・テレビっ子でした。ですので昔の芸能音楽や芸能の知識は自信があります。好きな芸能ニュースに自分の見解をいれますので意見もいただけますと幸いです。今だけでなく昔の芸能もお伝えして楽しんでいただければと感じます。とくに皆さんが興味をもってもらえるような懐かしい気持ちに浸れるメディアとしたいと考えています。

【お問い合わせ先メールアドレス】
ybox4907@gmail.com

目次

コメント

コメントする

目次