MENU
音楽関係のニュースを運営するメディア「Centralrecords」です。皆様の芸能における疑問の謎が解決します!

長谷川潤の母親の長谷川久美子のハワイでガイドや夫や自宅?加古川?娘!加古市!

  • URLをコピーしました!

タレント長谷川 潤は、日本の女性ファッションモデル、タレント。アメリカ合衆国ニューハンプシャー州出生、ハワイ州ハワイ島ヒロ出身

長谷川久美子は娘が長谷川潤の母です。つまり娘になります。

レポーター

今回の記事では長谷川潤の母親の長谷川久美子のハワイでガイドや夫や自宅?加古川?娘!加古市!についてお伝えします。

項目詳細
名前長谷川 潤 (はせがわ じゅん)
別名義長谷川カウルヴェヒ潤
生年月日1986年6月5日
現年齢37歳
出身地アメリカ合衆国・ハワイ州 ハワイ島 ヒロ
血液型O型
身長164 cm
活動ファッションモデル、タレント
デビュー2002年『ViVi』
事務所Isle management (2020年 – 2022年)
広告ORBIS、Mercury、Tommy girl、TIARA、BOSCH、JAYRO、京都
目次

長谷川潤の母親の長谷川久美子(ハワイ)のwiki?娘が長谷川潤!加古市?ガイド

長谷川潤の母親の長谷川久美子(ハワイ)のwiki?娘が長谷川潤!加古市?ガイド

長谷川久美子の娘が長谷川潤

子どもたちがヨガをする姿も投稿し、フォロワーからは「すごーく素敵な家ですね」「お子さん、可愛い 脚が長い~」「新しい場所でも、素敵な日々になりますように」「素敵な家族」「とっても美しいです」などの声が寄せられていました。

長谷川久美子のWIKI?実家は加古市

長谷川久美子のプロフィール
  • 名前:長谷川久美子
  • 生年月日:1965年3月24日
  • 出身:兵庫県加古川市

ハワイでガイド

母親はは阿瀬川久美子さんといいます。「ハワイ・ネイチャー・エクスプローラーズ」というハワイのネイチャーガイドの会社を旦那さんと一緒に経営しています。

ネイチャーインタープリターとして、バードウォッチングや植物観察を通してハワイの自然の面白さを伝えるお仕事をしているようです。アネックスじたいも子供の頃にはじめて海外旅行したのはハワイだから憧れた。それを仕事にしてしまうのは凄い羨ましいです。

そして、母は高校生の時に外国で住みたいという夢を持っていたようです。そして、関西外語大学ハワイキャンパスに通っていました。高校卒業後にホノルルのカレッジで1年半勉強しました。

トランスパシフィックハワイカレッジ (TransPacific Hawaii College) は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島ホノルルのアイナハイナ地区に本拠地をおく私立の2年制大学でした。この大学は、2008年12月31日をもって閉校した。

卒業生の成績表などのAcademic Recordsは関西外国語大学が管理しているのです。

出産前からしばらくは、経理事務として働いていましたが、転職をきっかけに、日本人のバックパッカー向けのツアーの企画・営業・ガイドを通してエコツーリズムに出合ったそうです。

レポーター

長谷川潤は韓国料理店「BUDNAMUJIP」と、ギリシャ料理店「Olive Tree Cafe」がおすすめのようです。

長谷川久美子の夫や自宅は?ブログ

長谷川久美子の夫や自宅は?ブログ

長谷川久美子の旦那は?

長谷川久美子の旦那は?


アメリカ人と結婚し、ニューハンプシャーへ移住し、長谷川潤を出産します。
2年後、夫の仕事の関係でハワイに移住しますが、25歳の時になんと夫が失踪します。

27歳で別のアメリカ人と再婚し、次女・三女を出産します。


しかし、再度離婚、シングルマザーとして働きながら3人を育てています。


長谷川久美子の自宅は?

長谷川久美子の自宅は?

自宅でホームパーティーができるだけのゆったりとした広さがあるお部屋などあります。さすがハワイってところではないでしょうか。

長谷川久美子さんの自宅の敷地はなんと1200坪あるということです。

まとめ:長谷川久美子(ハワイ)のwiki?娘が長谷川潤!夫や自宅は?ブログ

いかがでしたでしょうか。

長谷川久美子(ハワイ)のwiki?娘が長谷川潤!夫や自宅は?ブログについてお伝えします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
音楽をを追求しつづけるメディアです。東京都内に住んでいます。柴田義彦といいます。
子供の頃から芸能・音楽・テレビっ子でした。ですので昔の芸能音楽や芸能の知識は自信があります。好きな芸能ニュースに自分の見解をいれますので意見もいただけますと幸いです。今だけでなく昔の芸能もお伝えして楽しんでいただければと感じます。とくに皆さんが興味をもってもらえるような懐かしい気持ちに浸れるメディアとしたいと考えています。

【お問い合わせ先メールアドレス】
ybox4907@gmail.com

目次

コメント

コメントする

目次