MENU
音楽関係のニュースを運営するメディア「Centralrecords」です。皆様の芸能における疑問の謎が解決します!

イエモンのJAMの歌詞が嫌い?放送禁止!意味?批判は乗客に日本人はいませんでした!Mステ?PVの女の子

イエモンのJAMの歌詞が嫌い?放送禁止!意味?批判は乗客に日本人はいませんでした!Mステ?PVの女の子
  • URLをコピーしました!

「JAM/Tactics」(ジャム/タクティクス)は、THE YELLOW MONKEY9枚目のシングル。

発売元は日本コロムビア・トライアドレーベルです。前作からおよそ半年ぶり、5枚目のアルバム『FOUR SEASONS』発売後初のシングル作品。THE YELLOW MONKEY唯一の両A面シングルでもある。ロングヒットとなり、累計売上は60万枚をセールスしています。

吉井は演奏前のMCで発売が未定であることを説明していました。

 当時のプロモーション担当であった中原繁がこの曲を気に入り、中原は「これは代表曲になるよ。会社の上の人間がなんて言おうが、オレが絶対売ってやるよ」と、吉井に語り、バンドの所属事務所(上層部)に強く推したことで2月29日に発売が決定しそうです。

レポーター

イエモンの「ヘヴィな音像と憂いを帯びたメロディを軸にしたバラードナンバー」であり、THE YELLOW MONKEYのブレイクを決定的にした楽曲ですね。

だけれどもこの曲にかんしてはJAMが嫌い?放送禁止!歌詞の意味に批判?Mステ?乗客に日本人はいませんでしたって何の声が多かったのも事実です。

時代に迎合するような曲では勝負しない骨太ロックバンドですね。ミスチルやスピッツと違い耳障りもいい曲ばかりではないので、嫌いな人は本当に嫌いだと思われます 。

ステージでは、男の色気満載ですが、 トークではおちゃめではありますが。

「残念だけど、この国にはまだこの歌が必要だ」「今晩JAM歌います 2016年ありがとうございました デビュー25周年にむけて THE YELLOW MONKEY」

JAMは1996年3月11日付のオリコンシングルチャートで初登場7位を記録しています。

項目内容
バンド名THE YELLOW MONKEY
略称イエモン
結成年1988年
メンバー吉井和哉(ボーカル・ギター)、菊地英昭(ギター)、廣瀬洋一(ベース)、菊地英二(ドラムス)
レーベルTRIAD/日本コロムビア、
ファンハウス、
ATLANTIC/ワーナーミュージック・ジャパン
目次

エモンのJAMの歌詞が嫌い?放送禁止!意味?批判は乗客に日本人はいませんでした!

イエモンのJAMとは

項目内容
曲名JAM
アーティストTHE YELLOW MONKEY(略称:エモン)
作詞・作曲吉井和哉(イエモンのボーカル・ギター)
編曲THE YELLOW MONKEY
レーベルTRIAD/日本コロムビア
発売日1996年2月29日
収録アルバムFOUR SEASONS(1995年)
ジャンルロック
オリコン最高位6位(週間)
主な受賞第38回日本レコード大賞・優秀作品賞
主なテレビ出演ミュージックステーション(1996年2月23日)

エモンのJAMとは、THE YELLOW MONKEYの代表曲のひとつで、1996年にリリースされたシングルです

歌詞には、社会への疑問や批判、自己責任や罪悪感、死や命の重みなど、深い意味が込められています。

一方で、君に逢いたくてという熱いメッセージもあり、真実や価値を見極めることの大切さを伝えている。

イエモンのJAMの歌詞の意味と批判

真っ赤なJAMは血でしょうね。

レポーター

 最後の外国で〜は、 日本人はいないと嬉しそうに言っているマスメディアに対して、素直に喜んでいいのか、ということだと思います。

なぜJAMに批判が多いのか歌詞の制作拝啓です。

「ある日自分が抱えている不条理を、全部紙に書いてそれに曲を乗せた7分近いバラードを作った。 社会的なこと、プライベートなこと等、思うことを遠慮なく全部書いた。 今ならそのまま世に出せるが、当時はそういうわけにはいかなかった。少しずつ詩を削っていき、 5分ちょっとの曲になった」

「外国で飛行機が墜ちました〜」の部分について!子供のために歌った

歌詞の「外国で飛行機が墜ちました〜」の部分が取り沙汰されることが多いです。

吉井は重要なのはその後「こんな夜は逢いたくて〜また明日を待ってる」まで続くラインであると語っている

「ちょうどオウム真理教の地下鉄サリン事件とか、阪神・淡路大震災とかあって、子供を持つ身としては不安な世の中だったから、それも大きかった。『君に逢いたくて』というくだりは、当時、娘に向けて書いたんです。あまり家にいてやれなかったですし」

ラジオ番組『吉井和哉のオールナイトニッポン』は阪神・淡路大震災から1年経過した1996年1月17日に本曲を初オンエアしました、翌週以降もオンエアを続けた。

  自分の民族が無事だったならそれで良しとしていいのでしょうか。結局被害者がいることには変わりないじゃないか! でもホッとしてる自分もいる、といったところじゃないでしょう。

次の 僕は何を思えばいいんだろう、僕はなんていえばいいんだろうにつながるんだと思います。

ファンからの人気も高く、解散後の2004年に行われたオリコンの人気投票「あなたが選ぶ THE YELLOW MONKEY BEST1」と、2012年にナタリー×レコチョクで行われた人気投票「アナタの好きなTHE YELLOW MONKEYの曲を教えてください!」でともに第1位となっています。

JAM批判乗客に日本人はいませんでした イエモン?放送禁止?

THE YELLOW MONKEYの初期の名曲でJAMというのがあります。 あの中で「乗客に、日本人はいませんでした。 」とニュースキャスターが嬉しそうにアナウンスする歌詞がありましたけど、 「乗客に日本人はいませんでした」と嬉しそうにアナウンスするのはよくて 「死亡者に韓国人は含まれていなくて良かった」とアナウンスしたら批判される意味がよくわかりません。

引用元:YAHOO知恵袋
レポーター

ただ、嫌いやダサいとわれるのはミスチルやスピッツも同じであり、ファンの好みによって価値観はかわってくるんでしょうね。みんなが同じようなバンドでしたら嫌ですもんね。

また、ミスチルも名もなき詩が放送禁止用語で話題になったりしますが、ごっちゃになっているファンもいますね。

そのうち後輩に向かって放送禁止用語言ってしまいそう

https://twitter.com/JamT1rin2/status/1559860907819184138?s=20&t=8iECuYgUnyVJPbJbgToj6g

イエモンが嫌い?嫌い?ダサい?

当時はミスターチルドレンやスピッツもはやっていましたからね。楽曲がよいのですがイエモンの見た目が全く違うため嫌だった人もいるでしょう。

またJAMの歌詞が嫌だと言っている人もいます。

「乗客に日本人がいなかったから良かった?外国人なら良いの?」 という違和感を歌っているのだと解釈しています。

そういう詞が生まれたということは、 日本のメディアもそういう報道をしていた時代もあったということです

イエモンのJAMのMステ?PVの女の子

イエモンのJAMのMステ?PVの女の子

Mステでは

の3月8日に『ミュージックステーション』出演が決定したが、当初は4分の枠での演奏予定だったそうです。

 しかし、吉井は曲が削られてしまうことから「絶対に出ない」と語っていたそうです。

 プロモーターである中原の熱心な交渉によって異例の5分枠を取ることに成功しました。アウトロ以外省略なし(歌詞の省略なし)で披露されました。

エモンのJAMの歌詞が嫌い?放送禁止!意味?批判は乗客に日本人はいませんでした!Mステ?PVの女の子

JAMのPVの意味と娘・女の子

吉井和哉の2007年に発売されたニューシングル「バッカ」に「JAM」に登場した男の子と女の子の11年後が描かれています。

まとめ:イエモンのJAMの歌詞が嫌い?放送禁止!意味?批判は乗客に日本人はいませんでした!Mステ?PVの女の子

いかがでしたでょうか。

k今回の記事ではイエモンのJAMの歌詞が嫌い?放送禁止!意味?批判は乗客に日本人はいませんでした!Mステ?PVの女の子についてお伝えしました。

イエモンは男に人気がありましたね。自分はミスチルが好きでしたけどイエモンも好きでした。

 ただ、令和の日本人はいませんでしたいませんでした とテレビで歌うシーンを聞いてちょっとどうなのかなと思ってもいました。

だから改めて今となり記事としました。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
音楽をを追求しつづけるメディアです。東京都内に住んでいます。柴田義彦といいます。
子供の頃から芸能・音楽・テレビっ子でした。ですので昔の芸能音楽や芸能の知識は自信があります。好きな芸能ニュースに自分の見解をいれますので意見もいただけますと幸いです。今だけでなく昔の芸能もお伝えして楽しんでいただければと感じます。とくに皆さんが興味をもってもらえるような懐かしい気持ちに浸れるメディアとしたいと考えています。

【お問い合わせ先メールアドレス】
ybox4907@gmail.com

目次

コメント

コメントする

目次